User
←ユーザー様専用サイトはこちら

お客様の声 わくい電器様

「ホクホク」を導入された電器店様からお話をお伺いいたしました。

わくい電器様

「アフターサービスもお任せ」HOKUHOKUで長年顧客管理

東武東上線「上板橋駅」から10分あまり、緑豊かな板橋区平和公園を抜けるとグリーン&イエローで色分けされた看板が特徴的な店構えの有限会社わくい電器(東京都板橋区常盤台4-6-17)さん。
最新型のインバーターエアコンやLED照明、季節家電などが店頭に並び「地域のための親しみやすい電器店」という印象が伝わってくる。「先代から25年位前に事業を引き継ぎ現在に至ります」と50歳代前半の社長は控え目ながらもしっかりした口調で語っていただいた。
現在、社長を含め5名の従業員で家電の販売、電気工事など地域密着の仕事を日々行う毎日だそうだ。
「テレビを買い換えたり追加したりのアンテナ配線や照明が点灯しなくなったなど、細々とした仕事の積み重ねが大切。そこから仕事が広がることは多くあり、地域の暖かさを実感する。」ということだそうだ。

HOKUHOKUの導入経緯について聞くと「HOKUHOKUの導入前は先代がNECのシステムから乗り換えたと聞いている」とのこと。
社長が引き継いだ時期は導入済みで、それ以来使い続けていただいている。HOKUHOKUは社員全員で活用されており、主に顧客データの管理更新で使われいるそうだ。
「HOKUHOKUは全員が日々入力しているよ。見積書と請求書はHOKUHOKUが無いと印刷も出来ないしね」とかなり活用いただいている様子。

「売り上げを入力しているので、必ず顧客名や住所、連絡先を入力することになる。自然といつ何を購入いただいたのかという情報の蓄積が出来てくるね」しかし「顧客の担当がしっかり決まっているわけではないので、ご主人の売り上げでなく息子さんの購入だと息子さんの情報を新規登録してしまったり固定電話と携帯電話で別人として登録してしまい情報がダブってしまうことがよくある」と顧客管理の難しさを語っていただいた。

そんな社長に、HOKUHOKUで顧客管理以外で重宝している機能についてお伺いした。
「何よりも体裁のいい見積書や請求書が発行出来る事、特に法人の顧客には必須の機能で非常に役立っています」とのお言葉をいただいた。

最後にお店のモットーを伺ったところ「お客様に上下をつけないこと」との事。相見積りの仕事でも小額の仕事でも、量販店で買われた商品の修理でも、とにかく指名していただいた責任として、期待される事を淡々とこなすことがお店のキャッチフレーズ「アフターサービスもお任せ」に現れているのだと思う。
これからも「わくい電器」は地域に貢献し続ける電器店であり続けることだろう。

有限会社わくい電器
〒174-0071 東京都板橋区常盤台4-6-17
TEL:03-3935-2409

ページのトップへ
Copyright © 株式会社バロン All Rights Reserved.